38888
伝えたい話・残したい話

話、新聞記事、出来事・・・・などから、伝えたい話、
記憶しておきたい話を書き綴っていきます。
(過去掲載分は「付録→話・話」を開いてください)

[ HOME日記TOP記事検索携帯用URL管理用 ]
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   


2017/03/31(Fri) (第2422話) 若気の至り寺さん MAIL 

 “「先生なんて大嫌い」。中学生のとき、担任の先生とやりとりしていたノートに書いた一文です。別にぐれていたわけでもなく、いたってシンプルな中学生でした。ただ、新任で男性、年も近いこともあって攻撃していたように思います。3年間担任だったので、私の記憶にはしっかりと焼き付いています。思春期、当たるところは世の大人、親の次に近い存在の先生を、どこが嫌なのか表現できないまま反抗していました。それが約35年前の私。
 その先生にばったり講演会場で出会いました。白髪のまじった先生、私も子の親となり、年をとりました。でも、一瞬あの10代の自分ヘタイムスリップ。勇気を出し声を掛けました。先生は私を覚えてくれていて、現在は校長先生でした。やさしく穏やかな先生。なぜあんなことを書いたのか、今思うと恥ずかしいです。でもそのときの私はきっと夢中で生きていたのだと思います。その日は言えませんでしたが、若気の至りをお許し下さい。
 私の息子もあのときの私の年になりました。悩める思春期の親となり、先生の気持ちがわかる気がします。今度は私の相談に乗って下さいね。”(3月15日付け朝日新聞)

 愛知県日進市のパート・佐野さん(女・47)の投稿文です。中学生の時の話と言え「先生なんて大嫌い」と言い続けた先生に、35年後に会った佐野さんの気持ちは複雑だったでしょう。その後も本当に嫌いだったら何のこともなかったでしょうが、そうではないようです。そんな生徒だったからその先生は佐野さんのことを覚えておられたのでしょう。ボクの体験からも先生と生徒の関係は複雑なものという気がします。本当は嫌いではなかったのでしょう。本当に嫌いなら適当にあしらっておくでしょう。先生もそれが分かっていて、応じておられたのではないでしょうか。ヒョッとして素直に抵抗を示す生徒が可愛かったのかもしれません。無反応な生徒よりよほど対応のし甲斐があるものです。そしてこの35年後の出合いが新たな発展になっていくでしょう。いやもう始まっているでしょう。この投稿で必ずそうなっているはずです。聞いてみたいものです。


コメント(0)
 この記事へのコメント

現在のところコメントはありません。

 コメントを書く