38888
伝えたい話・残したい話

話、新聞記事、出来事・・・・などから、伝えたい話、
記憶しておきたい話を書き綴っていきます。
(過去掲載分は「付録→話・話」を開いてください)

[ HOME日記TOP記事検索携帯用URL管理用 ]
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   


2017/03/29(Wed) (第2421話) コースを清掃寺さん MAIL 

 “名古屋ウィメンズマラソンを前に、ボランティアら約二百人が十日朝、マラソンコースとなる名古屋市中心部の桜通の歩道を掃除した。
 中部地方整備局名古屋国道事務所が呼び掛けた。そろいのピンク色の手袋をして、東西約2kmの区間で吸い殼や空き缶、落ち葉などを拾い集めた。
 出動前に参加した同市中川区、会社員水野舞さん(三〇)は「海外や全国から集まるランナーに気持ち良く走ってもらえたらうれしい」と話した。”(3月11日付け中日新聞)

 記事からです。3月12日に開催された「名古屋ウィメンズマラソン2017」は、過去最多の19857人の参加で、女性だけのマラソン大会としてギネス記録を更新したそうである。また男女のハーフマラソンと女性の車椅子マラソンも同日開催され、こちらの方は14921人の参加であったという。35000人弱の参加者である。名古屋の街をこれだけの人が走ったのである。この記事はその沿道のゴミ拾いをした話である。実はこの活動にボクの会社の社員25名ばかりが参加したのである。6団体と一般の人への参加呼びかけがあった。
 ボクの会社は桜通の清掃活動を始めてもう11年になる。この間、ボクが活動の中心を担ってきた。昨年末、名古屋国道事務所の方が来社され、この清掃活動を始め桜通に関する整備計画の話をされた。その後2回の会議が持たれ、今回の実施となったのである。ボクはこの活動を始めた当初から、将来には他団体の協調になることを望んでいた。一時いろいろな働きをしたが、それは形にならなく、今回思いがけなく実を結び始めた気持ちである。ボクは今年の6月で退職の予定であり、少し残念な気分もあるが、これがはなむけと受け取りたい。今後発展することを期待したい。
 また、今回のマラソンで、愛知県豊川高校卒業の安藤選手が2位となり世界選手権代表に選ばれた。直接関係ないささやか活動であったが、それでも嬉しさが倍増してくる。


コメント(0)
 この記事へのコメント

現在のところコメントはありません。

 コメントを書く