38888
伝えたい話・残したい話

話、新聞記事、出来事・・・・などから、伝えたい話、
記憶しておきたい話を書き綴っていきます。
(過去掲載分は「付録→話・話」を開いてください)

[ HOME日記TOP記事検索携帯用URL管理用 ]
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   


2017/02/24(Fri) (第2405話) 名城案内寺さん MAIL 

 “退職後、名古屋城の観光ボランティアガイドをしています。選考で面接官に応募動機を質問され、自分の思いが明確になりました。郵便局で働くことを選んだときから、社会に貢献できる職を、と思っていました。退職後も思いは変わらず、人と接して喜ばれることはと考え、このボランティアを選びました。
 お客さまからの「ありがとう」は最高の喜び、生きがいになっています。ガイドする以上、勉強もしますし、当番の日には一万歩から一万五千歩は歩き、頭も体も鍛えられます。「人のために」という選択基準は、自分をもよい結果へ導いてくれるようです。”(2月5日付け中日新聞)

 名古屋市の鈴木さん(75)の投稿文です。近年観光ボランティアガイドは各地に広まりました。良いことですし、嬉しいことです。特に鈴木さんのように、退職後何かボランティアをしたいという人にはもってこいです。喜ばれることであるし、自分にとっても勉強になり、健康作りにもなります。良いことずくめです。ボクもしたくお思いますが、今のところボクはもっぱら利用させてもらう側です。利用させてもらう側も必要ですからね。一宮友歩会の例会でもう各地でお世話になりました。皆さん熱心です。ガイドの方をお願いしてあると参加者に喜ばれます。本当に助かります。
 名古屋は観光客にとって魅力のない街とよく言われます。観光ボランティアガイドは魅力を増す大きな力があります。もっともっと増えて欲しいと思います。


コメント(1)
 この記事へのコメント
私の従妹も早くから市の観光ボランティアをしてます。
いつ会ってもイキイキしています。
また夫の従兄は某大手の会社を退職に当り、同社の社長クラス専用のタクシーの運転手として勤めました。何しろ会社関係のお偉いさんばかり乗せるんですから大変です。初めて訪れる方には観光案内を。希望されるところの歴史をしっかりと勉強しないといけないので歴史番組は欠かせないと言われていました。
休日には奥さん連れて現地まで行き勉強され、時々私も便乗させてもらいました
現在83才になられましたが、培った頭と体は今もって健在で、殆ど毎日ゲートボールです。毎年何らかの大役を今もってこなされています。
もちろん大河ドラマは生活の一部だと当時から言われていました。まさに歴史博士です。
Name:はなみずき MAIL Date:2017/02/24(Fri) 09:23 ID:s7g5s.Rpz2 [修正削除]
 コメントを書く